Laboratory

森部立花研究室とは 新着!! 池坊中央研修学院 森部立花研究室のご紹介

草木を立てることで、自分のなかに新しい自分を発見する。
この喜びを原動力に、次世代へ夢や感動を与えられる立花を目指す研究室です。


池坊の美感、精神の根源を古書より学び、規矩性を再確認。
特に伝書講義は毎期、充実しています。正風体と新風体の違いを明確にし、各々の魅力を探ります。

季節、花器、場所に応じ、立てる技術を修得。
込み藁の作り方から、砂物、小品、大作まで多角的に実習。古典立花の名作を模写しながら、よりよい立花への足掛かりとします。

立花を内外にアピールできるよう『教えやすく習いやすい立花の理論と実習』にも取り組みます。
扱いやすい道具を使い技術力をアップ、大作も制作できるため花展に幅が出ます。

今年度研究室の皆さんに、森部立花研究室の魅力を、いろいろな角度から伺いました

研究室の内容について

*正風体、新風体ともにしっかりと学べます。両方とも古書、伝書を元にした講義はとてもわかりやすいです。
 池坊立花の奥深さを改めて知りました。実技も、先生がすぐ手直しされるのではなく、本人が納得するまで待ってくださるのでとても勉強になり、
 やりがいを感じました。
*先輩のいけるお花を見て、来年は自分もこういう作品を勉強できるのかと思うと、とても楽しみになります。
 講義については、お話を聞きながら、つい『ニヤッ!』としてしまうくらい心にこれだ!としみる瞬間が至福の時です。
*中研に入学した頃より、九州弁で表情豊かに楽しく講義してくださるのが好きだった私。五日間通しでお話が聞ける!研究室ならでは。よっかたです!


正風体の授業で印象に残ったところ

*1年生の第三期、『砂物』に代表される様に、花器、道具の説明から完成まで、初心者でも自分で立てることができる様な細やかな御指導。
*日頃のお稽古ではまずしないだろう、と思える立花を二日間かけてゆっくり仕上げることが出来るのは、とても嬉しいことです。
*水仙 三本生け!
*なんと言っても憧れの砂物立花。ドリルを使って木を組立て、葉を付け花を入れ終え、白い石を敷いた時の達成感!これは忘れられません。


砂物などは協力しあって作成
二真
 2.3年生の二真が並ぶと壮観!

新風体の授業で良かったところ

*それぞれの個性を大切にしていただきながら、課題を与えていただき、その度に少しずつ新しい世界を見られている気がします。
*手直しで『目から鱗』的なことが多々あり、とても勉強になりました。
*新風体は池坊の歴史の中で決して特別なものではなく、寧ろ原点ではないかと、先生に気付かされた。
 新しさの背後に古書や伝書の素晴らしい教えがあり、それを今どのように表現していくのかを学べる事。
*花材を少なく自分の思いで取り合わせ、ひらめきを大切にいけようと思うのですが中々出来ない。
 それを一作一作見事に手直しされる先生の新風体に対する熱い思いを知ることができ、良かったと思います。

立花新風体
個性が光る立花新風体
掛けや釣り
掛けや釣り等表現も多彩

森部先生について

*明るく大きな心で私達に接していただき、大変感謝しております。
 常に前進されている森部先生のお姿に、私もそうあらねばと意欲が湧いてきます。
*私達に対して『自分の教室の生徒』と強く思って頂いていることを感じます。
 そして、どうにかして一人一人うまくなってほしいと願って指導しておられるのを感じます。
*それぞれの個性、思いを大切にしてくださる御指導のおかげで研究室では充実した花との時間を
 過ごさせて頂き、感謝申し上げております。


笑顔の素敵な、明るく優しい森部先生!!

これから入学しようとする方達へ、研究室の良いところ、推薦したいところ

*和やかな雰囲気の中、じっくりと納得いくまで花と向き合うことのできる研究室です。
 立花の形ではなく歴史の中で育まれた理念や概念を大切にし、常に新しい立花の世界を創造している研究室です。
*最後まで親身になって御指導してくださる所。和気藹々とした雰囲気でお勉強ができる研究室です。
*花の声が聞ける教室です。心で花を生けたい人は是非、森部教室へ。
*やはり、森部先生のお人柄! そして、立花新風体への情熱!新しい世界をのぞきたい方、一緒に一歩を踏み出しましょう!!

森部隆より
一人では難しいことも、共に助け合う雰囲気を大切にする研究室です。実習は各人のペースで進められます。わかるまで、じっくりと学んでください。花と人との出合いが、私達の人生を生き生きと輝かせてくれます。共に夢咲かせましょう。

研究室生の作品 2017 池坊春のいけばな展(中央研修学院祭) 4月7日~10日 森部立花研究室 作品集
吉岡玲光
3年 吉岡玲光
江上康子
3年 江上康子
佐藤泰月
3年 佐藤泰月
島崎智子
3年 島崎智子
須田晃枝
3年 須田晃枝
中村恵美子
3年 中村恵美子
渡辺静月
3年 渡辺静月
福田潔光
3年 福田潔光
奥田美水
2年 奥田美水
荒川多恵子
2年 荒川多恵子
重永紅永
2年 重永紅永
青木碧水
2年 青木碧水
中井佐世理
2年 中井佐世理
徳江由紀子
2年 徳江由紀子
木滑陸子
2年 木滑陸子
劉品麗
2年 劉品麗
柿倉香翠
2年 柿倉香翠
森山妙子
2年 森山妙子
張寳桂
2年 張寳桂
長尾和風
2年 長尾和風
渡辺真理子
2年 渡辺真理子
方宣立
2年 方宣立
望月文子
2年 望月文子
黄麗珠
1年 黄麗珠
黒崎裕子
1年 黒崎裕子
鈴木玲華
1年 鈴木玲華
山本富美子
1年 山本富美子
森田操
1年 森田操
豊原富規子
1年 豊原富規子
研究室生の作品 2016 池坊春のいけばな展(中央研修学院祭) 4月15日~18日 森部立花研究室 作品集
石原イクコ
3年 石原イクコ
今井栄泉
3年 今井栄泉
大熊陽子
3年 大熊陽子
大田晃洋
3年 大田晃洋
加藤晃雅
3年 加藤晃雅
金森昌子
3年 金森昌子
黒山真知子
3年 黒山真知子
五嶋素子
3年 五嶋素子
佐藤桂千
3年 佐藤桂千
篠田理江
3年 篠田理江
島田つねよ
3年 島田つねよ
副島悦子
3年 副島悦子
谷生文子
3年 谷生文子
西岡弘子
3年 西岡弘子
沼野八重子
3年 沼野八重子
原典子
3年 原典子
平井眞子
3年 平井眞子
百嶋風華
3年 百嶋風華
柳春峰
3年 柳春峰
山田ますみ
3年 山田ますみ
吉岡啓子
3年 吉岡啓子
江上康子
2年 江上康子
佐藤泰月
2年 佐藤泰月
島﨑智子
2年 島﨑智子
須田晃枝
2年 須田晃枝
中村恵美子
2年 中村恵美子
福田潔光
2年 福田潔光
吉岡玲光
2年 吉岡玲光
渡辺静月
2年 渡辺静月
青木碧水
1年 青木碧水
荒川多恵子
1年 荒川多恵子
奥田美水
1年 奥田美水
柿倉百美子
1年 柿倉百美子
重永紅永
1年 重永紅永
張寶桂
1年 張 寶 桂
徳江由紀子
1年 徳江由紀子
中井佐世理
1年 中井佐世理
福岡郁子
1年 福岡郁子
福島ハルエ
1年 福島ハルエ
方 宜 立
1年 方 宜 立
望月文子
1年 望月文子
森山妙子
1年 森山妙子
劉 品 麗
1年 劉 品 麗
渡辺真理子
1年 渡辺真理子
研究室生の作品 2015 池坊春のいけばな展(中央研修学院祭) 4月10日~13日 森部立花研究室 作品集
御挨拶  
 今年も、京都家元春のいけばな展が華やかに開催されました。
 森部立花研究室コーナーはゆったりとした空間の中、それぞれの立花新風体作品がのびやかに、
 またすっきりと立調されていたと思います。
 こうして写真で改めて見ると、皆の努力が報われたな、と感慨深くなりました。
 池坊の伝統の根幹となる立花、その中でも『 今を立てる 』立花新風体は、
 年々その魅力と奥の深さが増し、学び続けることの重さを感ぜず にはいられません。

 平成27年度森部立花研究室には、海外からの生徒さんも多数加わって、
 まさにグローバルで和やかな池坊人の集う空間です。
 ぜひ26年度の先輩の作品を、よい刺激にしてください。
   
 修了された三年生の皆さん、研究室で培った知識、技術、
 そして実力をそれぞれの地元でさらに生かされますよう願っています。
 三年間、ありがとう!また、お目にかかりましょう。  平成27年6月 森部隆
加山茂
3年 加山茂
後藤雅泉
3年 後藤雅泉
谷口映竹
3年 谷口映竹
千原理秀
3年 千原理秀
塚原美苗
3年 塚原美苗
三井光
3年 三井光
矢野廣子
3年 矢野廣子
大熊陽子
2年 大熊陽子
大田晃洋
2年 大田晃洋
金森昌子
2年 金森昌子
菅碧風
2年 菅碧風
木滑睦子
2年 木滑睦子
黒山真知子
2年 黒山真知子
五嶋素子
2年 五嶋素子
佐藤桂千
2年 佐藤桂千
佐藤泰月
2年 佐藤泰月
篠田理江
2年 篠田理江
島田つねよ
2年 島田つねよ
副島悦子
2年 副島悦子
谷生文子
2年 谷生文子
西岡弘子
2年 西岡弘子
原典子
2年 原典子
平井眞子
2年 平井眞子
百嶋風華
2年 百嶋風華
柳春峰
2年 柳春峰
山田ますみ
2年 山田ますみ
吉岡啓子
2年 吉岡啓子
江上康子
1年 江上康子
島崎智子
1年 島崎智子
須田晃枝
1年 須田晃枝
長尾和風
1年 長尾和風
中村恵美子
1年 中村恵美子
福田潔光
1年 福田潔光
吉岡玲光
1年 吉岡玲光
渡辺静月
1年 渡辺静月
旧七夕会池坊全国華道展  2014年11月12日~17日
京都髙島屋百貨店、京都池坊本部会場にて開催
髙島屋会場 中央研修学院選抜席に四人が出瓶 たくさんの御来場者を迎え、緊張と喜びの6日間でした

京都髙島屋会場入り口
京都髙島屋会場入り口 
森部先生
森部先生の立花新風体
四方正面の作品 
花逍遥の風情ただよう会場
花逍遥の風情ただよう会場
谷口映竹
12.13日第一次展 谷口映竹 立花新風体
塚原美苗
12.13日第一次展
塚原美苗 立花新風体
千原文子
14.15日第二次展
千原文子 立花新風体
後藤雅泉
16.17日第三次展
後藤雅泉 立花新風体
研究室生の作品 2014 池坊春のいけばな展(中央研修学院祭) 4月11日~14日 森部立花研究室 作品集
御挨拶  
 今年、当研究室も8年目を迎えました。
 全国よりたくさんのかたがお出くださり、池坊いけばなの根幹である立花を様々な手法で学んでいただくわけですが、
 その集大成の発表の場である中央研修学院祭では、全員に『立花新風体』を立てていただいています。
  
 立花新風体は、1999年に当代御家元である池坊専永宗匠が発表された立花であり、未来の池坊を表すに相応しい花形です。
 草木といける人との出合いによる感動、魂の発露を原点とする立調は、形を学びつくした者がその先に見いだせる、真の美の呼応でありましょう。
 そのために、古典作品の模写や砂物などの立てる技術を学んでいただくのです。

 今年はホームページを作り、出瓶者全員の作品を発表でき、本当に有難いです。ひとりひとりが華道家として、新しい表現にチャレンジしました。
 立花新風体は過酷です。今日新しくても、明日は変わるかもしれない。

 答えはひとつでないからこそ、やりがいのある魅惑の世界なのです。

 研究室での三年間を真剣に取り組んだ修了生の皆さん、ありがとう。
 それぞれの地でさらに生き生きと活躍できるよう、今後も精一杯応援していきます。
 在校生の皆さんは、引き続き頑張ってください。

  花友は一生の宝。また、お会いしましょう。  平成26年6月 森部隆

池畑相子
3年 池畑相子
伊藤桂子
3年 伊藤桂子
稲田文子
3年 稲田文子
川島弥生
3年 川島弥生
小林博子
3年 小林博子
佐藤恵子
3年 佐藤恵子
佐藤幸枝
3年 佐藤幸枝
嶋先博子
3年 嶋先博子
高橋正枝
3年 高橋正枝
浜崎三枝
3年 浜崎三枝
速水義子
3年 速水義子
深津やゑ
3年 深津やゑ
元屋みどり
3年 元屋みどり
森由香
3年 森由香
安井清子
3年 安井清子
山﨑まり子
3年 山﨑まり子
渡辺徳子
3年 渡辺徳子
今井榮子
2年 今井榮子
加藤節
2年 加藤節
加山茂
2年 加山茂
後藤雅泉
2年 後藤雅泉
杉山紀美
2年 杉山紀美
谷口映竹
2年 谷口映竹
千原文子
2年 千原文子
塚原美苗
2年 塚原美苗
三井光
2年 三井光
矢野廣子
2年 矢野廣子
沼野八重子
2年 沼野八重子
野村康子
2年 野村康子
大熊陽子
1年 大熊陽子
大田洋子
1年 大田洋子
筧典子
1年 筧典子
金森昌子
1年 金森昌子
菅則子
1年 菅則子
黒山真知子
1年 黒山真知子
五嶋素子
1年 五嶋素子
佐藤千賀子
1年 佐藤千賀子
篠田理恵
1年 篠田理江
島田つねよ
1年 島田つねよ
副島悦子
1年 副島悦子
田中ハル子
1年 田中ハル子
谷生文子
1年 谷生文子
西岡弘子
1年 西岡弘子
原典子
1年 原典子
平井眞子
1年 平井眞子
百嶋薫
1年 百嶋薫
柳睦子
1年 柳睦子
山下純
1年 山下純
山田ますみ
1年 山田マスミ
吉岡啓子
1年 吉岡啓子
年間スケジュール
二期  7月28日~8月1日
三期 10月13日~10月17日
四期 (2015年)2月2日~2月6日
森部隆プロフィール
池坊中央研修学院教授

池坊を代表する花形『立花』の研究室を持ち、全国の門弟に池坊いけばなの 精神理念、技術を教えるとともに、世界各地や全国で花展指導、ワークショップ及びいけばなデモンストレーションを展開。
立花新風体のさらなる進化を感じさせる作品にはファンが多い。

昭和27年生まれ 福岡県朝倉市在住 池坊久留米支部所属
趣味 読書 ドライブ
好きな花 野菊 バラ
好きなことば ピンチをチャンスに
研究室のかたへ(メンバーのためのページ)
[2015.6.20] お知らせを掲載しました。
[2014.9.5] お知らせを掲載しました。

メンバー限定ページへログイン