黎明
未来へ繋ぐ花と人

ごあいさつ

私ども森部立花研究室のインターネットOB花展をご覧くださり誠に有難うございます。
振り返れば15年にわたる授業には様々な草木と人の出会いがありました。皆池坊いけばなに支えられ一輪に悩み、一枝に笑う和やかな教室で互いに協力し合い切磋琢磨してきました。その日々が明日へつなげる原動力となり今に至ったと確信しています。
 研究室の集大成となる本花展では立花新風体から古典立花、正風体立花、生花、自由花とあらゆる花形で皆様をおもてなし致します。
 どうぞご高覧の程よろしくお願い申し上げます。

Thank you very much for visiting us at ‘Moribe Rikka Kenkyushitsu OB exhibition’ today.  We are very honored to welcome you.
During the past 15 years’ lessons, we have encountered a large variety of plants and people.  Every one of us has been supported by Ikenobo ikebana, struggling how to best arrange just a single flower, smiling at a single branch.  Under such a peaceful and genial atmosphere in the classroom, we have been trying hard together to improve.
Motivated by those learning days, we could move forward and come this far, so we believe.
This flower exhibition is a crystallization of our hard work, and that pleased to show you our works in various styles, not only Rikka (shimputai, classic, shofutai) but also Shoka and Free style.
Really hope you will enjoy seeing these.


森部隆教室OB会花展には「池坊中央研修学院 総合特別科 森部立花研究室」 31期〜44期生のOB、古典立花ゼミ、立花ゼミ、三日間教室の在学生より有志185名が出瓶しました

テーマ「 黎明 未来へつなぐ花と人 」
「黎明」とは新しい時代への幕開けです。森部先生からこのテーマが発表されたとき、大切な事に気づくべき時が来たように思いました。人生が未完成に終わったとしても、夢が襷のように人から人へ渡されてずっとつながって完成されてゆくものなら、こんな素晴らしいことはありません。それぞれの想いが自由に飛び交う教室中で、切磋琢磨させて頂ける今この時が愛おしく思います。

この度は 池坊専永宗匠 池坊専好若宗匠 池坊雅史事務総長のご厚情を賜り心から深く感謝申し上げます。家元本部の皆様には御支援とご理解のもとに、多大なるご協力をいただき誠に有難うございました。皆様のご高覧に心から感謝申し上げます。

令和三年十一月十六日 森部OB花展出瓶者一同

ここに動画が入ります。